歯のためのセレック治療の費用を解説

お口の健康を保つためにセレック治療を考えよう

身体の健康は歯の健康からって、それは本当です!!

セレックにかかる治療費

治療費をご紹介

最先端の治療ならお金もたくさん必要なのでは? と気になるところですね。

治療内容によって費用に違いがでてくるのですが、保険適用にならないため、全額負担となります。

他の保険治療と比較すれば治療費は高くなるのが現状です。

しかし、セラミック治療に比べると手間がかからない分、治療費を抑えることができます。

例えば素材がセレッククラウンという大きな被せ物の場合は7万円から、セレックインレーという小さな被せ物の場合は3万円からが一般的となっています。

セレック治療は保険適用外ではあるものの、一年間に支払った医療費が合計10万円以上になったときは医療費控除の対象になるので、詳細は担当医や受付などに相談してみるといいでしょう。

手続きの仕方など詳しく教えてもらえます。

歯の健康のためにちゃんと歯磨きセット

 

セレック治療で治した歯はどのぐらいもつのか

せっかくセレック治療を施したのに、すぐに口の中にトラブルが生じるようではショックが大きいですよね。

最先端治療として広まっているセレック治療。実際に作成した被せ物などはどのぐらいもつのか知りたいところです。

実際に治療を受けてから15年経ったときの口の中の状況を見た場合、残存率はおよそ90%以上となっています。

かつて金属やブリッジ、インレーなどで治療した被せ物は、時間が経つとすぐに取れてしまったという経験はありませんか? 

それから比べれば15年もの間、健康な状態を保ってくれるわけですから、時間が過ぎても安心して過ごせますね。

もちろん、セレック治療を受けたからといって油断は禁物です。

毎日のデンタルケアはもちろんのこと、医師のアドバイスどおり数ヶ月に一度のメンテナンスを受けることもお勧めします。

磨き残しなどの指導だけでなく、フッ素コーティングなどを施せば、虫歯ができにくい環境を整えることができます。